2月itmセミナー講師は橘川幸夫氏『森をみる力』の講演です!

橘川さんは「ロッキングオン」という音楽のロック雑誌を立ち上げた3人のうち
の1人です。
また、コミュニティーの専門家として、日本全国のタウン情報誌やコミュニ
ティーFMの立ち上げに多く関わってこられました。
福岡で言えば『シティ情報ふくおか』の立ち上げに大きく関わってます。縁を感
じますね!
またインターネットはパソコン通信の黎明期から関わっていて、
多くの才能が橘川さんの援助で立ち上がってます。
ご存知のとおり橘川さんは僕が師匠と呼んでいる3人のうちの1人です。
出会いは、1冊の本でした。 橘川さんの2001年の著書「インターネットは儲からない!」を 読んで感動した僕は、本の最後のページにあったメールに連絡したのです。 すると5秒で返信が来て驚いていたら、「明日福岡だからお茶でもしよう」と言 われて 翌日に博多の僕の事務所で会いました。 そこで当時ビジネススクールをやっていた僕の実情と問題点を話しました。 この「きっかけ」から3ヶ月後「おいタロウ本を書いてみろ」と師匠から言われ るままに 「売れるしくみはこうつくれ」を出版したのです。 

今回、橘川さんの新刊「森をみる力」の出版を機に講演の依頼をお願いしてみま した。 この新刊はこれからの時代を駆けていくためのパスポートのような叡智にあふれ た内容です。
  2014年02月10日   岡崎 太郎
タグ: